あっぽこ日記

生き下手な こじらせアラサー【ワーホリ中🇨🇦】

体がだるい時の方が身体の力が抜けて過ごしやすいって話

私は、基本的に体のだるさがあるのですが、本当にだるい時

「もう今日は生きて、生活するだけでいいや!」って思えるんです。


「出勤しても椅子に座ってるだけでいい!」とか「最低限のことだけしていたらいいでいい!」と割り切れるんです。

身体の力を抜いて1日を過ごせるんです。

逆に、そこまでにならないとうまく力を抜けていないということ。

普段自分がどれだけ身体に力が入っているのかに気づくんです

普段も別に何かに追われているわけではないのに、何かに焦っているのか(笑)

無意識に「ちゃんとしよう!」「頑張ろう!」と思っているんでしょうね。

 

前回、完璧主義の人は6割でいいって記事を書きましたが

 

appoko-j.hatenablog.com

 

意識していてもやっぱり頑張りすぎている私。

 

私はせっかちなので、なんでもスピードを求めてしまっていて、気づいたら息を止めてバババババババっ!って動いてる時があります。(笑)

 

例えば信号を見たら「絶対これで渡りたい!」と思って走ってしまったりとか(笑)

でも身体がしんどかったら走らないし「信号くらいどうでもいい」って思えるじゃないですか。

 

今、例えで信号の話を出しましたが、こんな感じで

身体はしんどいはずなのに、いろいろ割り切れて無駄に頑張らない。

身体の力を抜くことができるから楽なんですよね。

 

わかる方いらっしゃいますかね?笑

 

普段からこんな感じで生活できるようになりたい。笑